オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
休憩する

借金返済に苦しむ方の中には、債務整理をしたいと思う方もいらっしゃるでしょう。
債務整理には、3つの方法があります。
任意整理、民事再生、自己破産の3つです。
それぞれに特色があり、場合によっては過払い金請求をし、払い過ぎた額が手元に戻ってくることもあります。
この債務整理はまず弁護士に相談します。
しかし、弁護士費用は相談した段階で1時間あたり数万円かかることもあります。
すでに金銭的に問題を抱えている状況なので、必ず無料相談を行っているところに行きましょう。
弁護士費用は個々の先生によって異なる場合があります。
無料相談の段階で、着手してもらった場合に実際かかる費用についても確認します。
複数の事務所を訪問すると費用の比較ができるので安心です。
また、司法書士に債務整理を依頼することも可能です。
ただし、司法書士の場合は、すべての債権者の総債権額が140万円以下である場合に限られています。
140万円超である場合は、相談できるのは弁護士のみとなります。

グレゾーン金利

 昔の利息制限法では、グレーゾーンが存在し、高い金利でお金を貸しても違法とはされていませんでした。
しかし、最高裁判所が違法だという判断を示したところから、日本全国各地で返しすぎた利息を返せという訴訟が相次いで起こりました。
これが債務整理の全盛期であり、弁護士は債務整理の仕事で荒稼ぎした時代です。
 過払い金の返還訴訟も終わりに近づいてきて、弁護士の仕事も従来に戻ってきたと言えます。
すなわち、仕事の大半が債務整理というわけではなく、通常の離婚や相続に関する相談もこなせるようになってきたのです。
 債務整理をしたいときに、誰に相談すれば良いのか迷うことがありますが、弁護士に頼むのが正解です。
司法書士も相談に乗ることはできるのですが、処理できる金額が低いため、多額の訴訟を起こすことができず、そうなると結局弁護士に頼まざるを得なくなります。
司法書士に頼んだあと、弁護士に頼むと着手金が二倍にかかる可能性が高いので、もったいないです。
そこで、最初から訴訟にまで発展しそうであったり、高額に及ぶ話なのであれば、弁護士に相談するほうが賢明といえます。
 弁護士はインターネットで検索したり、各地の無料相談会を利用すれば簡単に見つけることができます。
親戚の先生に相談するのもひとつの方法です。
債務整理であれば、どの先生に当たっても問題なく処理してくれるので、安心して相談会に行ってみるべきです。
いくつかある整理の方法を説明してもらうと安心です。